手頃な価格でフライヤー印刷を依頼|メリットを要チェック

ビジネスツールの作り方

名刺交換

デザインに拘るために

ビジネスシーンにおいて不可欠なツールの一つに名刺があります。名刺と一口にいってもそのサイズやデザインは定番とされているものはあるものの特に定められているわけではなく、企業ごとに自由に設計することが可能です。ついつい無難な作りにしてしまいがちですが、名刺に工夫を凝らすことによって初対面の相手の印象に残すことが可能となりますので、その効果は決して侮ることはできません。まず最初に気にすべき点としては名刺のサイズです。一般的にサイズは決まっていると思われがちですが、特に欧米企業の名刺などは日本のものよりも一回り小さいのが通常ですし、企業によっては丸や四角でくりぬいて印象に残るように工夫しているところもあります。気を付けておきたいのは大きすぎると名刺入れに入らず、かえって迷惑がられるという点ですが、それ以外に制約はないものと思って自由にサイズを選ぶというのもよいでしょう。次に、肝心のデザインですが重要なのは会社名と氏名そしてどういうシチュエーションで会ったのかどうかを相手に覚えてもらうことです。普通の名刺だと会社名、部署名、役職、氏名に住所や連絡先を記載しているだけということが多いですが、手書きで会った日付や場所を記入できる欄を設けておいて渡す前に自分で書き加えるというだけでも相手に与える印象は相当変わってくるでしょう。このように、いかにして相手の心をつかむかが名刺を作る上では重要なポイントとなります。