手頃な価格でフライヤー印刷を依頼|メリットを要チェック

オリジナル作成時は注意を

封筒

コストと納期に余裕が必要

オリジナルの封筒を作成すると、様々な書類を郵送するときにオリジナリティが出せ、企業のブランディングに役立てることができます。簡単なロゴやイラスト程度ならば自社で封筒印刷することも不可能ではないですが、より質の高い封筒を作りたい場合や大量印刷したい場合、特殊な加工を施したい場合などは業者に依頼するのがおすすめです。封筒印刷のみを専門とする印刷業者はあまり多くないですが探すと見つかります。ですが作りたい封筒の種類によって最適な業者は変わるので、比較検討して選ぶべきでしょう。封筒印刷専門の業者でなければ既製品への印刷がメインとなります。既製品への印刷は小ロットでも比較的低価格である、納期が短め、作り方がシンプルなことが多いという特徴があります。デザインや紙質、封筒の形などにこだわりがなければ封筒印刷専門業者とそうでない業者も合わせて見積もりをとり、比較して決めればよいでしょう。サンプルをとるのもおすすめです。オリジナリティの高いものを作りたいときは封筒印刷専門業者の方が強みがあることが多いです。ただ小ロットでは割高になることが多かったり、納期を短くできなかったりという注意点があるので、コストと納期には余裕を持っておきましょう。オリジナリティの高い封筒は受け取ったときのインパクトが強くブランディングには非常に効果的ですが、コストはそれなりにかかるのでその点は意識しておきましょう。サンプルと見積もりをとり確認しておきましょう。